パソコンを楽しもう!

JOY-PC

用途別のパソコンの選び方

大学生におすすめのノートパソコンはコレ!選び方も解説!

投稿日:

ここでは、大学生の方が、どんなパソコンを買ったらいいのか?について解説していきます。

大学生活でパソコンはあった方がよい?

ノートパソコンを見つめる大学生男女

「大学生活で、パソコンはあった方がよいか?」

についてですが、これは絶対にパソコンがあった方がよいです。レポートを作るときなど、パソコンがないキビシイでしょう。

ネットで調べものをするとき、スマホでも調べ物はできますが、パソコンの方が調べやすいですし、調べたものをレポートに反映させやすいです。

教授や研究室のメンバーと情報交換するときも、パソコンがないと不便です。

理系の学生ならパソコンはほぼ必須

特に、理系の大学生にとってはパソコンは必須だと言えます。

理系の場合、学年が上がるたびに実験や実習が増え、そのつどレポートを作ったり、データをまとめたりする必要があります。

特に、3、4年生になると研究室に入るので、ますますパソコンの必要性が増します。

データなどをExcelを使ってグラフ化できれば、数値を入力するだけで、素早くきれいなレポート作成が可能になります。

また長文のレポートであればWordの機能で、誤字脱字の修正もしやすいです。

大学生ならカスタマイズできるBTOパソコンの方がおすすめ!

BTO-PC

大学推奨のパソコンをどうしても買わなければいけない理由がない限りは、BTOパソコンを買うのがおすすめです。

BTOパソコンとは、パーツやスペックをある程度自分で選んでカスタマイズ注文できるパソコンのことです。

授業で特定のソフトを必要とする場合は、別途購入するなどの手間がかかりますが、その分CPU性能を向上させたりHDD・SSDの大容量化を図れます。

4年間不満なく使えるパソコンにカスタマイズすることができます。

また、大学推奨パソコンだと不要なソフトが多くプリインストールされていることもあります。

それらのソフトは動作を重くしてしまう原因にもなるため、長く快適にパソコンを使いたいのであれば、やはりBTOパソコンの方がおすすめです

BTOパソコンなら、余計なソフトも入っていないので、国内有名メーカーのパソコンと比べて価格も安いです。

まとめると、パソコンの知識が全くなく、それほど高度な作業をしない学生は、大学推奨のパソコンを買ってもいいとは思います。

しかし、ある程度の知識がある人や、コストパフォーマンスを重視する人は、自分の用途に合ったノートパソコンを探すのがおすすめです。

大学生が大学推奨のパソコンを買うメリット・デメリット

college

大学入学時には、大学推奨のパソコンをおすすめされることがあると思います。

大学推奨のパソコンを買うメリットはなんでしょう?

それは、授業で必要なソフトがインストールされた状態のパソコンが買えるなら、わざわざ自分でソフトをインストールする手間がないこと。

また、サポートが付いている場合は、それもメリットと言えます。パソコンの知識があまりない大学生の方にはいいかもしれません。

■大学推奨のパソコンを買うデメリット

  • 値段が高い
  • 必要のないソフトが入っている可能性がある
  • 好きなデザインのパソコンを選べない

大学推奨ノートパソコンのデメリットは、値段が高いことです。

CPUやメモリ、HDD、SSDの性能や容量に対して、かなり割高な印象があります。

大学とパソコンメーカーが提携していたり、必要のないソフトが入っていると、パソコンの金額が高くなりがちです。

また、好きなデザイン、メーカーのパソコンを選べないのもデメリットです。

多くの学生が同じデザインのノートパソコンを買うことになるので、個性が出ません。

「同じデザインのパソコンだから」と、他の学生に間違って持って帰えられたりしても大変です。

WindowsとMac、どちらがいいのか?

大学生がMacを買うメリット・デメリット

mac

Macの大きなメリットは、まずそのデザインです。デザインが好きでMacを使っている人は多いです。

Macは、デザイナーの方に特に好まれて使われているので、美大の学生の方は、Macを購入するのがいいでしょう。

また、Macはウイルスに強いこともメリットです。

■デメリット

大学で推奨されるパソコンは、ほとんどの場合Windowsパソコンであると思われます。

そのため、授業で必要なソフトがMacでは動かせない可能性があります(Windowsでしか動かせないソフトは、たくさんあります)。

授業で必要なソフトがMacでは動かせないとなると、Windowsパソコンを選ばざるを得ません。

また、Macはスペックに対して価格が高めなのもデメリットです。

それなりのスペックにカスタマイズ注文しようとすると、あっという間に数十万円になってしまうので、大学生にとって、これは大きなデメリットでしょう。

そしてデメリットについては、大学に設置されている多くのPCはWindowsパソコンであるため、操作性の違いから授業で不慣れな場面が出てくる可能性があります。

大学生がwindowsパソコンを買うメリット・デメリット

windows

■Windowsパソコンのメリット

多くの会社で採用されているのが、windowsです。

ですから、Windowsパソコンを使えるようになっておくと、就職をした後に、始めから問題なくパソコン操作をすることができるので、将来のためにもなります。

また、Windowsの方が、Macよりも使えるソフトの数が多いので、やれることも多いです。

Windowsでないと動かせないソフトも多数あるため、どうしてもMacを買いたい理由がない限りは、Windowsパソコンを選ぶのが無難です。

同じ程度のスペックの場合、MacよりもWindowsパソコンの方が価格も安いです。

■Windowsパソコンのデメリット

Windowsパソコンは、主流で使われているパソコンであるので、それほどデメリットはありません。

Macよりもコンピューターウィスルが多いのは、デメリットと言えます。しかし、セキュリティーソフトを入れておけばほぼ大丈夫です。

また、windowsは、OSのアップデートが多いので、強いて言うならそれもデメリットと言えるかもしれません(ただし、それほど気にする必要はありません)。

大学生が買うならデスクトップパソコンよりもノートパソコンがおすすめ

note-PC

大学生にはパソコンが必須ですが、購入するならデスクトップパソコンよりもノートパソコンの購入をおすすめします。

まず、その理由として、大学では授業にパソコンを持ち込むことが可能だからです。

そしてゼミなどが始まると、研究発表などで、どうしてもパソコンを持ち歩く必要が出てきます。

ノートパソコンがあれば、スタバや図書館でレポートを作ったりできます。「家だとやる気が出づらい」という人にも非常におすすめです(笑)

大学生が買うノートパソコンは、13インチ前後がおすすめ!

大学生活でノートパソコンを使っていく場合、持ち運んで使うことが多くなるでしょう。

おすすめのサイズは、13インチ前後のノートパソコンです。

13インチであれば、A4サイズ程度なので、カバンにも入れやすいです。

13インチは、画面サイズもそこそこありますし、最近は1kg以下の重さのものも出ています。

1kg程度の重さなら、リュックで運べば非常に軽く感じますよ。

また13インチサイズのノートパソコンは、ほとんどのメーカーで作られており、バリエーションが多彩という利点もあります。

持ち運ぶのが現実的なノートパソコンの重さは1.5kg以下。軽ければ、軽いほどいい!

1.5kg

ノートパソコンって、どれくらいの重さだったら持ち運びに無理がないのでしょうか?

目安としては、1.5kgです。

1.5kg以下の重さのノートパソコンを選んだ方がよいです。それよりも重くても、持ち運びが不可能ではありませんが、重くなると持ち運びは大変です。

基本的に、ノートパソコンの画面サイズが大きくなるほど、重さも増します。

ちなみに、最近の軽量を売りにしたノートパソコンでは、比較的画面サイズの大きい13インチのもので1kgを切った重さのものもあります。

「画面が大きいわりに、軽い」というノートパソコンは、価格が高いくなりがちなのが痛いところですが、予算に余裕があればそういったノートパソコンを選ぶとよいでしょう。

周りから「ダサい」と思われないパソコンメーカーってどれ?

cool as PC

大学生がパソコンを買う場合、自分のノートパソコンが、周囲の人から「ダサい」と思われないかどうかも、意外と気になる点だと思います。

そこで、ダサいと思われる可能性が低いパソコンメーカーをご紹介します。

HP

価格も高くなく(どちらかというと安い方に入ります)、デザインもセンスのよいものが多いです。東京工場で生産しているパソコンもあります。

VAIO

こだわりのパソコン・メーカーというイメージです。価格は高め。

NEC

世界トップクラスの軽量ノートパソコンを出しており、人気が高いです。ただし、軽量ノートは価格が高め。

大学生が買うパソコンのスペックは、CPU:corei3以上、メモリ8GB以上、ストレージSSD、フルHD画質以上がおすすめ

大学生生活で使うパソコンとなると4年間は安定して使えた上で、その後の仕様もある程度考慮すべきですからある程度スペックは高いものを選んだほうが良いでしょう。

CPUは、Corei3 以上のものがオススメ!

CPU

CPU:はcorei3以上のものが価格と性能のバランスが良くおすすめで、最高峰はcorei7となります。

メモリは、8GB 以上のものがオススメ!

memory

メモリは後で増設も可能ではありますが、8GB以上が望ましいです。

ストレージは、SSDがオススメ!

storage

ストレージは、パソコンのデータを保存しておく場所です。

ストレージは、大きく分けると次の2種類があります。

HDD(ハードディスク・ドライブ。読みはエイチディーディーでもOK)
SSD(ソリッドステート・ドライブ。読みはエスエスディーでもOK)

どちらがいいのか?ですが、これはSSDをおすすめします。

以前は、ストレージといえばHDDしかなかったのですが、最近はSSDが主流になってきています。

SSDの一番の特徴は、データ転送速度が速いことです。他には音が静か、対衝撃が高い、消費電力が低いこともメリットです。

SSDは、HDDと比べるとやや容量が少ないという欠点もありますが、外付けハードディスクで補うことができますし、スピードが圧倒的です。

画面は、フルHD画質以上のものがオススメ!

fullHD

液晶画面の画質は、フルHD画質以上をおすすめします。

安いノートパソコンだと「HD画質」のものもありますが、これだと解像度が低すぎて映画なども精細な画質で楽しめません。

光学ドライブは出番が少なくなってきているため、最初から付いていないことが多い

最近の軽量・薄型ノートパソコンには、DVDドライブやブルーレイドライブなどの光学ドライブが付いていないことが多いです。

今は、クラウド(ネットでデータを保存できる場所)や、マイクロSDカード、USBメモリーでもデータのやりとりができるからです。

どうしても光学ドライブが必要な場合は、外付けドライブをUSBで接続すればOKです。

外付けブルーレイ・ドライブでも、1万円程度で買えますので、パソコン本体から考えてそれほど高くはありません。また、友人などから必要なときだけ借りてもいいでしょう。

4年間使うなら新品のノートパソコンを買った方がよい。

new-PC

パソコンを買う時に、「中古」または「新品」という選択肢がありますよね。

中古パソコンは、たしかに価格的には安いですが、デメリットも多いので、あまりおすすめしません。

■中古パソコンのデメリット

・バッテリーがヘタっていることがある
・ストレージの寿命が短くなっている

中古だとバッテリーのヘタリも早いし、ストレージの不具合が発生しやすい。

5年間の延長保証などをつければ安心。
大学生が在学中の4年間ノートパソコンを使いたいと言う時には
中古なら新品より価格が安いと言うメリットがありますが、その分だけ寿命が短いことがあるために注意が必要です。

特に、寿命がくると困るのがバッテリーです。

中古パソコンのバッテリーは、すでにヘタっている(劣化している)ことがあります。

ヘタリが生じると、外で使える時間が短くなってしまいます。

その他にも、中古パソコンは、ストレージの寿命も短いことがあります。

ストレージが壊れてしまうと、大切なデータを保存してあったのに読み込めなくなってしまった・・・なんてことも起きかねません。

ということで、「4年間」という期間を考えると、新品の方がおすすめです。

4年以上の保証をつけて買えば、さらに安心です!

バッテリー駆動時間は、8時間以上のものを選ぼう

8.0h

ノートパソコンの最大のメリットと言えば、「外で使える」ということですよね。

しかし、

新品で買ったばかりのころは、フル充電で8時間くらい使えていたとしても、バッテリーも徐々にヘタってきてしまいます。

元々バッテリー駆動時間の短いノートパソコンだった場合は、バッテリーがヘタってくれば、駆動時間もかなり短くなってしまいます。

ですから、ある程度のバッテリー駆動時間のノートパソコンを買ったほうがよいです。
 

目安としては、8時間くらいの駆動時間のものであればよいでしょう。

「いや、1回の充電で5時間くらい使えれば十分だわ。」

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、最大駆動時間8時間と書いてあっても、バッテリーの消耗具合は使い方によってかなり変わってきます。

ですので、ある程度、バッテリー駆動時間が長めのノートパソコンを選んが方がいいです。

大学生がパソコンを買う場合、マイクロソフト・オフィスがあった方がよい?

大学生活でパソコンを使っていく場合、「マイクロソフト・オフィス」はかなり役立ってくれると思います。

オフィスは、文書作成の「ワード」、表計算の「エクセル」などが入っているソフトウェア・パッケージです。

大学によっては無料でオフィスが使える場合があるので、まず学校に確認してみてください。

自分の大学が、オフィスを無料で使える大学じゃなかった場合は?

ワードやエクセルで作ったデータを他の人と共有する場合は、やはりマイクロソフト・オフィスがあった方がよいです。

無料で使えるソフトとしてワードの代わりに「Googleドキュメント」、エクセルの代わりに「Googleスプレッドシート」というものがあります。

どちらも無料で使えて、ワード、エクセルのデータを読み込んで編集することもできます(※ただし、あくまで互換性があるというだけであり、同じソフトではないので、データが部分的に破損したり、うまく開けない可能性もあります)。

無料ソフトで用が足りるなら、無理にマイクロソフト・オフィスを買わなくてもいいかもしれません。

オフィスを買う場合は?

大学生の場合は、マイクロソフト・オフィスのアカデミック版(学生や教育者向けに格安で提供されるソフト)が利用できます。

オフィスの場合は、 アカデミック版として「Office Professional Academic 2016」というものがあります。

現在、これはネット上では購入できず、家電量販店でないと買えないようです。購入の際には、学生証を提示する必要があります。

なお、アカデミック版は、あくまで学生向け・教育者向けに提供しているものなので、ビジネス用途では使えないことになっています。一応、ご注意を。

オフィス付きのノートパソコンを買う手もアリ

新品ノートパソコンの中には、オフィスを付けて買うことができるモデルもあります。

通常版よりも価格が少しお得になっていることが多いので、アカデミック版はイヤだという場合は、パソコンを買う時にオフィスをセットにして注文するといいかもしれません。

新しくパソコンを買ったらセキュリティー対策ソフトを入れよう

security

今は、インターネットにつなぐことが当たり前になっていますので、セキュリティー対策ソフトを入れておくことは必須と言えます。

セキュリティー対策ができていないと、パソコンが乗っ取られて、「データを取り戻したかったら、金を払え」というようなメッセージが表示されたり、データを盗まれたりする危険性が高くなります。

新品でパソコンを買った場合、セキュリティーソフトがすでにインストールされていることが多いです。

ただ、最初から付属しているウィルス対策ソフトは、たいてい体験版(60日間で期限が切れるなど)なので注意が必要です。

体験版から製品版へ、お金を払って更新すれば、その後も使えるようになります。

ただ、これだと好きなメーカーのセキュリティーソフトが選べないので注意が必要です。

ちなみに、わたしのおすめのセキュリティーソフトは、ノートン・セキュリティーです。

格安ノートパソコンは、性能が低いのでおすすめしない

「格安」という言葉は、お金がない学生にとっては魅力的です。

しかし、安いのにはそれなりの理由があります。

CPU性能が低かったり、メモリーやストレージの容量が小さかったり、画面の画質が悪かったりするのです。

ちょっとしたメモや、動画を見ずにネットを使うなどには問題ないかもしれません。

しかし、その程度の用途にしか使えないようであれば、大学生が使うのに十分な性能のパソコンとは言えません。

性能の低いノートパソコンを買ってしまうと、結局、もう一台買うことになりかねません。

ノートパソコンを買うときは、値段ばかりを見るのではなく、しっかりと性能を考えて購入しましょう。

-用途別のパソコンの選び方

Copyright© JOY-PC , 2017 All Rights Reserved.